2021-11-23

こんにちは、コバヤシです🏠

今回は「豆知識:屋根塗装の断熱・遮熱

屋根塗装で快適な室内にするための豆知識

   

断熱と遮熱の基礎知識

断熱とは・・・・・

断熱とは熱が伝わりにくい素材で覆うことで熱の移動を防ぎ、保温することです。

建物に断熱を施すことで、熱が遮断され、外との温度差を減らすことができます。

つまり、外が暑くても室内は涼しく、反対に外が寒くても室内のあたたかさを保つことができます。

エアコンも効きやすくなるため、省エネにもつながります。

遮熱との違いとは・・・・・

一緒の意味に捉えがちですが、「断熱」は熱の行き来を断つ(保温)、「遮熱」は熱に変わる光を遮る(温度上昇の抑制)を意味します

遮熱塗料は熱の原因となる光を反射する効果を持ちます。

そのため、屋根そのものの温度上昇を抑制することができ、室内が暑くなるのを防いでくれます。

ただし、保温する効果はないため、冬でも太陽光を反射してしまい、むしろ室内が寒くなってしまう可能性があります。

遮熱塗料と断熱材で1年中快適な室内を作ろう!

夏に涼しく、冬にあたたかい室内環境を作るためには、「断熱」と「遮熱」を上手に取り入れることが重要になってきます。

そこで最も有効な手段が、屋根に遮熱塗料を塗り、断熱材のメンテナンスを行なうことです。

住宅の屋根には基本的に断熱材が敷き詰められています。

屋根に改めて断熱塗料を塗るよりも、元からある断熱材をきちんと効果を発揮するようメンテナンスし代わりに遮熱塗料を塗ることで

「断熱」と「遮熱」を同時に取り入れ、最大の効果を発揮することができます。

また、どんな塗料を選べばよいのか、迷う方も多いと思います。

業者選びも大切ですが、後悔のない塗料選びをしましょう。

 

断熱材について

     

費用を安く抑えたいなら「天井断熱」

天井材の上に断熱材を敷き詰める方法。

面積が小さく、平らな天井材の上での作業なので、屋根断熱に比べて材料費も工事費も安くなります。

既存の断熱材がきちんと施工されていれば、その上に吹き込みタイプの断熱材を吹き積もらせることもできます。

この場合、小屋根裏部分(断熱材の上)は屋外とほぼ同じ環境になるため、換気機能や結露が発生しないような防湿処理を施す必要があります。

屋根裏を有効利用したいなら「屋根断熱」

屋根の勾配に沿って断熱工事をすること。

屋根を二重構造するのと、天井断熱と比べて面積が広くなるため工事費が高くなります。

ただし、この場合は小屋根裏が断熱材の内部になるので室内と同じ環境になります。

屋根を断熱したら必須!「小屋根裏の換気」

天井断熱も屋根断熱も、小屋根裏の換気がされていないと屋根と断熱材の間の熱が逃げずに屋根が高温になるため冷房が効きにくくなります。

 

お客様のご希望を私たちにできるだけ伝えることも大切になります。

「どんなことで困っているのか」、「どんなふうにしたいのか」を教えてください。

見解の違いが合っては 満足のいくリフォームは出来ません。

何か気になる事が少しでもあれば、お気軽にご相談ください。

   

塗料・屋根材・厳選されたプランなどをご用意することが出来ました!

【あきる野ルピア店リフォーム相談所 定休日:毎週水曜日】

定休日の時はフリーダイヤルまでお問合せください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
屋根・外壁塗装・雨漏り・お家のリフォームのことなら
あきる野ルピア店リフォーム相談所:PAINT-KUNUGI:までお問合せ下さい


フリーダイヤル 0120-363-336
メールお問い合わせ 
https://paint-kunugi.com/contact/ 
◇地域密着◇
◇多摩地域で愛される外壁塗装◇
あきる野市、青梅市、八王子市、羽村市、福生市、日の出町
瑞穂町、武蔵村山市、東大和市、立川市、日野市、多摩市、他
神奈川県、、埼玉県
お見積り無料♪お任せ下さい
椚塗装株式会社
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

多摩地区を中心に、都内、県外等も承っております。
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.