2021-07-02

こんにちは、コバヤシです(#^^#)

 

今回のご紹介は「外壁塗装の最適な時期とタイミング」です!

 

外壁塗装は適切なタイミングで定期的におこなうことで、

大事な家を長持ちさせることができます。

~外壁塗装・屋根塗装は築10年が目安~

「外壁の汚れは気になるけど、今すぐおこなう必要はないな」と

外壁塗装の必要性をあまり感じていない方も多いと思います。

大切なお家を守るためにも、定期的にメンテナンスをおこない、

長期的に風雨・紫外線などから私たちを守ってもらう必要があります。

 

              

 

築10年目で塗装をすると良い理由

・塗装をするメリット

新築時とは違ったデザインや色味に変更することもでき、

今までと気分転換にもなります。

・外壁を保護するため

塗料を塗り、塗膜を作ることで、

劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。

お家の築年数が5~7年の方は、防水性が切れるといわれている時期ですので、

外装劣化診断(お見積り無料)をしてみるとよいでしょう。

 

外壁の防水性が低下すると構造の劣化につながる

防水性が切れてしまうと、外壁材に直接雨水や紫外線が当たり、

外壁材や住まいの構造体の劣化・雨漏りにつながってしまう恐れがあります。

そのまま放置すると外壁塗装では済まされず、

住宅の建て替えまで発展してしまう恐れもありますので、

定期的なメンテナンスが必要となるのです。

 

外壁塗装をおこなうべき劣化のサイン~

外壁の色あせ

・外壁の色あせは塗膜劣化が始まっている証拠でもあります。

チョーキング

・外壁を触った時に、白い粉が手についたことがないでしょうか?

実はこのことを「チョーキング現象」といいます。

これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるものなのです。

塗膜の膨れ・剥離

・外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?

実はこれも外壁塗膜の劣化が原因で、塗膜の膨れ・剥離を放置しておくことで、

外壁内部へ雨水が浸入しひび割れ等を引き起こす恐れがあります。

クラック(ひび割れ)

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。

クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん浸入し、

カビなどの原因になる他にも住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります。

シーリング材の塗膜剥がれ・割れ

・サイディングボードの継ぎ目や窓のサッシ回りなど、

シーリング部分が劣化し亀裂が生じていることがあります。

シーリング材が劣化している場合は、「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、

目地部分からの雨水の浸入を防ぐ必要があります。

 

 

塗料・屋根材・厳選されたプランなどをご用意することが出来ました!

PAINT-KUNUGIをどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ一同皆様をお待ちしております。

【あきる野ルピア店リフォーム相談所 定休日:毎週水曜日】

定休日の時はフリーダイヤルまでお問合せください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
屋根・外壁塗装・雨漏り・お家のリフォームのことなら
あきる野ルピア店リフォーム相談所:PAINT-KUNUGI:までお問合せ下さい


フリーダイヤル 0120-363-336
メールお問い合わせ 
https://paint-kunugi.com/contact/ 
◇地域密着◇
◇多摩地域で愛される外壁塗装◇
あきる野市、青梅市、八王子市、羽村市、福生市、日の出町
瑞穂町、武蔵村山市、東大和市、立川市、日野市、多摩市、他
神奈川県、、埼玉県
お見積り無料♪お任せ下さい
椚塗装株式会社
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

多摩地区を中心に、都内、県外等も承っております。
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.