2021-07-29

こんにちは、コバヤシです。

 

今回ご紹介するのは、「屋根修繕工事のいろいろ」です!

 

大切なお住まい、そのお住まいを守る屋根、長持ちしてほしいですよね。

雨や風、紫外線など自然の影響を最も受けやすいのが屋根です。

しかし現実には屋根材や下地には寿命があり、

何十年も住む中で必ず屋根葺き替えや屋根カバー工法といった

屋根リフォームを行わなくてはいけないタイミングが訪れます。

 

 

                    

 

 

~屋根葺き替え工事~

葺き替え工事とは、『今ある屋根をすべて解体して、新しい屋根を設置する工事』のことです。

屋根は、表から見える一次防水と内側で家を守る二次防水にわかれます。
葺き替え工事では、下地の上にある一次防水と二次防水をすべて取り外し、新しいものに交換します。

 

               

 

葺き替え工事のメリット

屋根材を全て取り外すので、下地材を目視で確認できます。

補修の必要な場所がわかりやすく、作業もしやすいのできちんと補修できます。

・下地が補修されて屋根材が新しくなるので、寿命が長くなり、

強風や大雨などに強く、地震にも強い家になるんですね。

葺き替え工事のデメリット

・施工面積が広くなるので施工費がかかるほか、

既存の屋根材の処分費もかかるためどうしても高額になってしまいます。。。

 

~カバー工法~

カバー工法とは、既存の屋根を解体せずに、『上から新しい屋根をかぶせる工事』のこと言います。

 

                   

カバー工法のメリット

・葺き替えに比べて安い!

・既存の屋根の撤去、下地の補修をしないので仕上がりが早くなります。

・屋根が二重になるので、遮音性、断熱性、防水性が向上します。

カバー工法のデメリット

軽い屋根材を選ばないと、屋根重量が重くなり、耐震性が低下する。

・瓦の屋根や、劣化の激しい屋根は施工できない。

 

~屋根塗装~

屋根塗装とは『色褪せた屋根材を塗装する』ことで見た目を良くし、

耐久性を高めるための工事です。

 

 

屋根塗装工事のメリット

・既存の屋根を活かすので費用を抑えられる

・塗装が紫外線や風雨から屋根材を守り、屋根の寿命がのびる。

ひび割れなどを事前に防ぐことができる。

屋根塗装工事のデメリット

・時間が経つと色褪せるので、また塗装が必要になる。

・工期が意外と長く、天気が悪いとさらに延びる可能性がある。

 

3つの『屋根修繕工事』のご紹介でした。

大切なおうちの事で、少しでも気になる事がありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

塗料・屋根材・厳選されたプランなどをご用意することが出来ました!

PAINT-KUNUGIをどうぞよろしくお願い致します。

スタッフ一同皆様をお待ちしております。

【あきる野ルピア店リフォーム相談所 定休日:毎週水曜日】

定休日の時はフリーダイヤルまでお問合せください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
屋根・外壁塗装・雨漏り・お家のリフォームのことなら
あきる野ルピア店リフォーム相談所:PAINT-KUNUGI:までお問合せ下さい


フリーダイヤル 0120-363-336
メールお問い合わせ 
https://paint-kunugi.com/contact/ 
◇地域密着◇
◇多摩地域で愛される外壁塗装◇
あきる野市、青梅市、八王子市、羽村市、福生市、日の出町
瑞穂町、武蔵村山市、東大和市、立川市、日野市、多摩市、他
神奈川県、、埼玉県
お見積り無料♪お任せ下さい
椚塗装株式会社
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

多摩地区を中心に、都内、県外等も承っております。
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.