2021-09-10

T様邸レポート

工事概要:外壁塗装/シーリング/Ⅴカット補修/屋根塗装

工事期間:約2週間

★仕様材料★

・外壁下塗り材・・・エスケー化研:水性ミラクシーラー(ホワイト)

・外壁上塗り材・・・エスケー化研:プレミアムシリコン

屋根下塗り材・・・日本ペイント:ハイポンファインプライマー

・屋根上塗り材・・・エスケー化研:プレミアムルーフSI

・雨樋/霧除け/シャッターBOX・・・日本ペイント:1液ファインシリコンセラUV)

・シーリング工事・・・変成シリコンノンブリード

・軒天・・・ケンエースGⅡ

 ・外壁・・・Vカット補修

 

足場設置の様子

 

今回外壁の補修はⅤカット処理を行います

★Vカット工法をおすすめした理由★
細いクラックなら、シーリング処理で十分処理出来るのですが、
大きなクラックの処理は、シーリング材だけでは不十分です
では、大きなクラック(ひび割れ)はどのように処理をしたらいいのでしょうか?
※Vカット工法という工法で処理をしていきます
大きなクラックをシーリング材だけで、処理するとクラック(ひび割れ)の深い部分まで
きっちりとシーリング材が充填出来ないので空洞が出来てしまいます
クラック(ひび割れ)とシーリング材の隙間に、空洞ができるとクラック(ひび割れ)がすぐに
再発してしまいます、、、結果シーリングの意味を持たず
雨漏りの原因に繋がります
クラック(ひび割れ)なんか、塗装をしたら大丈夫!とはいかないのです
適切な下地処理をしなければ、すぐに劣化・雨漏りする恐れがあります

★このようにクラックにV字型の溝を掘り、補修材を充填しやすくします。
補修材の安定と施工精度を高めることができます。

 

 

 

コーキング材を入れた後、綺麗に均していきます

 

その上にさらにカチオンセメントをしごいて補修していきます

 

 

しっかり補修ができました!

 

ここから模様合せを行います

 

塗料を吹き付け、外壁の質感を均一にしていきます。

 

綺麗な仕上りです。補修したクラックがあるようには見えませんね。

外壁塗装には

下塗りに エスケー化研:水性ミラクシーラー 使用

一液水性多機能型下塗材で、硬質タイプ、弾性タイプを問わず、各種水性仕上塗材の下塗材として使用できます。

 上塗りに エスケー化研:プレミアムシリコン 使用

プレミアムシリコンは従来のシリコン塗料より耐久年数が長く
チョーキングやひび割れなどが発生する原因、ラジカルを抑える「ラジカル塗料」です。

 

外壁補修before・after

 

 

 

 

多摩地区を中心に、都内、県外等も承っております。
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.