2020-07-20

重川様邸工事レポート②

 

補修により、壁が平らになり
元の凹凸のある模様がなくなったため、ここで模様合せをしていきます。

平らな部分を周りの模様と合わせるため、塗料を吹き付けていきます。

均一に塗料を吹きかけ模様を作り、元の外壁の質感に合わせていく技術のいる作業です。

模様合せが完成したら、下塗りを行います。

下塗りはSK化研:ソフトサーフSG 使用

旧塗膜表面の微細なひび割れ、巣穴などを1回塗りでカバーでき良好な仕上り感が得られます。

上塗りはSK化研:プレミアムシリコン

従来のシリコン塗料より耐久年数が長く
チョーキングやひび割れなどが発生する原因、ラジカルを抑える「ラジカル塗料」です。

 

綺麗に仕上がりました。外見だけでなく、汚れに強い外壁にもなっています。

 

レポート③へ

お問合わせ
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.