2022-04-26

こんにちは、コバヤシです(^^♪

まだ早いかもしれませんが、そろそろ台風がくる時期がやってきます🌀

例年「台風」によって屋根が飛ぶ被害が毎年のように出ています。

大切なお家を守るためにも、今からチェックしておくといいかもですね!

      

台風で屋根が飛ぶ原因はこれ!

    

・棟板金の釘が抜けている

台風で屋根が飛ぶ場合、一番多いのは屋根に付いている「棟板金(むねばんきん)」が飛ばされるケースです。

棟板金とは、屋根の頂点にある板金のことで、屋根の内部に雨水が入らないようにするための役割があります。

この棟板金は釘で固定されているのですが、この釘が熱膨張などにより抜けてしまうことで屋根が飛ぶことに繋がるというわけです。

何故熱膨張が原因になるのかと言うと、棟板金は金属のため日光に当たると太陽の熱で膨張し、夜気温が下がると逆に収縮します。

日当たりの良い場所にある家だと釘が抜けるスピードが速くなり、築7~10年で抜けてくるとされています。

・屋根にある隙間

棟板金(むねばんきん)の固定が緩むと屋根に隙間が発生する可能性があります。

この隙間は実に厄介で、屋根の隙間に台風の暴風が入り込むと、その勢いで屋根を持ち上げてしまうことがあるからです。

こうなると、めくれ上がった部分の屋根はもちろん、その周辺の屋根も飛ばされる危険性が発生してしまうわけですね。

瓦に生じたヒビはそのまま隙間になってしまうことが多いです。

    

・家の窓ガラスが割れてしまっている

台風の強風で吹き飛ばされてきたゴミなどで家の窓ガラスが割れていると、これが原因で屋根が飛ぶことがあります。

通常、家の窓ガラスが割れていない状態だと風をしっかり遮断できるため、台風の強風は家の中へ入ってくることはありません。

ところが、家の窓ガラスが割れている状態だと、台風の強風が割れた窓から家の中へ入り込み、

天井方向へ抜けることで屋根を持ち上げてしまうことがあります。

    

結果、屋根が台風の強風で飛ばされてしまうというわけです。

台風で屋根が飛ばないようにする対策方法はこれ!

・台風が来る前に屋根の状態を確認しておく

・台風によって窓ガラスが割れないようにする

 

経年劣化により傷んでいる場合は、より被害が大きくなってしまう可能性が高くなります。

日ごろから住まいの点検をし、修繕が必要な箇所がないか、確認しておくといいでしょう。

屋根点検は高い場所になるので、業者にお願いすることをお勧めします。

PAINT-KUNUGIでは無料診断しております。

診断したら工事するようかしら??という心配はありません。

診断のみで大丈夫です(*^^*)

みなさまの大事なお家をお守りさせてください。

お気軽にご相談くださいね♪😊

塗料・屋根材・厳選されたプランなどをご用意することが出来ました!

【あきる野ルピア店リフォーム相談所 定休日:毎週水曜日】

定休日の時はフリーダイヤルまでお問合せください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
屋根・外壁塗装・雨漏り・お家のリフォームのことなら
あきる野ルピア店リフォーム相談所:PAINT-KUNUGI:までお問合せ下さい


フリーダイヤル 0120-363-336
メールお問い合わせ 
https://paint-kunugi.com/contact/ 
◇地域密着◇
◇多摩地域で愛される外壁塗装◇
あきる野市、青梅市、八王子市、羽村市、福生市、日の出町
瑞穂町、武蔵村山市、東大和市、立川市、日野市、多摩市、他
神奈川県、、埼玉県
お見積り無料♪お任せ下さい
椚塗装株式会社
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

多摩地区を中心に、都内、県外等も承っております。
Copyright© 椚塗装 All Rights Reserved.